月別アーカイブ: 2011年5月

2011年5月11日のシリア情勢

反体制勢力の動き クッルナー・シュラカー(5月11日付)によると、民主連合党がハサカ県ラアス・アイン市で市民を対象としたセミナーを開催し、約300人が出席した。 セミナーで、サーリフ・ムスリム共同党首は、クルド民族主義組 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月10日のシリア情勢

反体制勢力の動き クッルナー・シュラカー(5月10日付)によると、反体制活動家のファーイズ・サーラ氏(4月11日逮捕)、ジョルジュ・サブラー氏(4月10日逮捕)、カマール・シャイフー氏(3月16日逮捕)が保釈金を支払い釈 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月9日のシリア情勢

反体制勢力の動き ワタン・オンライン(5月9日付)は、ジャズィーラ・チャンネルを通じて辞意を表明していた、ダルアー県のムフティー、リズク・アブドゥッラヒーム・アバー・ズィード氏が「脅迫を受けていた」として、辞意を撤回した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月8日のシリア情勢

反体制勢力の動き ダマスカス国民民主変革宣言事務局は声明を出し、国民のデモ継続を呼びかけた。 シリア政府の動き SANA(5月8日付)によると、アサド大統領はダルアー県の青年らからなる青年使節団、ラタキア県使節団と個別に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年5月7日のシリア情勢

反体制勢力の動き フェイスブック上のページ「シリア革命2011」は、「半年後の自由で民主的な選挙」実施をはじめとする危機打開提案を行い、アサド大統領にその実施を求めた。 同提案は「シリアを独裁体制から民主制へ転換できたら … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月6日のシリア情勢

反体制勢力の動き 反体制活動家らはフェイスブックなどを通じて 「挑戦の金曜日」と銘打って反体制デモを行うよう呼びかけた。 ** クッルナー・シュラカー(5月8日付)などによると、反体制活動家のリヤード・サイフ元人民議会議 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月5日のシリア情勢

反体制勢力の動き ソルボンヌ大学のブルハーン・ガルユーン教授はAKI(5月5日付)に対し、事態の収拾にはアサド政権と反体制勢力の対話が不可欠だとしたうえで、政権によるデモ弾圧を批判、「政権には対話の意思はない」と糾弾した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月4日のシリア情勢

反体制勢力の動き 人権団体「インサーン」のウィサーム・タリーフ代表は、過去3日間での逮捕者・行方不明者数が8,000人を越えたと発表した。 うち身元が明らかなのは2,843人で、ダルアー県での逮捕者数が891人、ダマスカ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月3日のシリア情勢

反体制勢力の動き DamasPost(5月3日付)は、ダルアー県でのデモ弾圧に抗議して議員辞職を発表していたナースィル・ハリーリー人民議会議員が辞意を取り下げたと報じた。 ** シリア人権国民機構は「過去2日間、シリアの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月2日のシリア情勢

反体制勢力の動き フェイスブックなどで、反体制活動家らが「包囲解除週間」と銘打って、ダルアー市、ラスタン市、タルビーサ市、ドゥーマー市、ムウダミーヤト・シャーム市、バーニヤース市、ジャブラ市との連帯を訴えるデモを毎日正午 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2011年5月1日のシリア情勢

反体制勢力の動き 軍によるダルアー市包囲に伴う人道状況の悪化を受け、脚本家、作家、ジャーナリストらシリア人約700人が「ダルアーの我らの子供たちのために」と題した声明に署名し、フェイスブックに掲載した。 同声明は「生きる … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする