シリア国内の暴力(2014年6月30日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、イドリブ市内各所をジュンド・アクサー機構が砲撃し、5~7人が死亡、23人が負傷した。

一方、SANA(6月30日付)によると、ハーッジ・ハンムード農場、アイン・スーダー村、カフルラーター村、ファイルーン村、カストゥーン村、カフルハーヤー村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市カッラーサ地区、フライターン市、カフルハムラ村を軍が「樽爆弾」などで空爆する一方、ジハード主義武装集団はアレッポ市北部を手製の迫撃砲で攻撃した。

またジャバル・アッザーン周辺、バッラース村、アブティーン村・ワディーヒー村街道、タッラト・タアーナで軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(6月30日付)によると、アレッポ市ハナーヌー地区、ハイダリーヤ地区、インザーラート地区、シャイフ・サイード地区、ライラムーン地区、シュカイフ村、マアーッラト・アルティーク村、アルド・マッラーフ地区、カフルハムラ村、ハーン・アサル村、タッル・ジャビーン村、バルダ村、カフルカール村、マーリア市、タッル・リフアト市、ザバディーヤ村、カフルサギール村、バービース村、サースィーン村、アターリブ市、マアブーディーヤ村、ラヒーマ村、マンスーラ村、シャルファ・スグラ村、フライターン市、ダイル・ジャマール村、ハンダラート・キャンプ、アンダーン市、シャイフ・ナッジャール市工業団地地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、マアラカ村、ガディール・ブスターン村を軍が「樽爆弾」などで攻撃した。

一方、SANA(6月30日付)によると、カフターニーヤ村、タルナジャ村、西サムダーニーヤ村、マムティナ村、ビイル・アジャム村、ウーファーニヤー村・ジャバーター・ハシャブ村街道で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またクードナ村南部で軍が、シャームの民のヌスラ戦線の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、インヒル市、シャイフ・マスキーン市、ジッリーン村、ジャービヤ丘、ジュムーア丘、タスィール町にあるシャームの民のヌスラ戦線の拠点などを軍が空爆した。

またクッルナー・シュラカー(6月30日付)によると、県内で活動する「自由シリア軍」内最大の武装集団と目されるヤルムーク師団司令部が、6月28日にナスィーブ村で司令官の一人ムーサー・ズウビー空軍准将が武装した何者かの要撃を受け、拉致、連行されたと発表した。

一方、SANA(6月30日付)によると、アトマーン村、ヤードゥーダ村・アトマーン村街道、ダルアー市バジャービジャ地区、マンシヤ地区、ヒルバト・ガザーラ町、タファス市・アトマーン村街道、ジャニーン村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ムーリク市南部および東部、ドゥワイル・アクラード村一帯で、軍、国防隊がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

また軍の砲撃によるものと思われる爆発がナージム村で発生した。

さらに、マブウージャ村にあるファイサル・クルスーム元ダルアー県知事の邸宅が何者かによって未明に爆破されるとともに、同村の東部に位置するラフジャーン村の軍検問所がジハード主義武装集団の攻撃を受け、兵士8人が死亡した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区が軍の砲撃を受けた。

一方、SANA(6月30日付)によると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ザバダーニー市各所、ナシャービーヤ農場、アッブ農場、マイダアー市、ハーン・シャイフ・キャンプ、カフルバトナー町各所を軍が未明に空爆した。

一方、SANA(6月30日付)によると、カラムーン地方のアイン・ハスィーン渓谷(無人地帯)で、軍が爆弾が仕掛けられた自動車3台を発見、破壊した。

またシリア軍部隊はシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク