2013年6月10日のシリア情勢

国内の暴力

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団がマンナグ航空基地のレーダー施設を制圧した。反体制武装集団は9日には飛行場内の格納施設を制圧していたという。

またマアーッラト・アルティーク村では、反体制武装集団が軍に対して反撃を行い、サフィーラ市では軍が空爆を行った。

一方、SANA(6月10日付)によると、マンナグ航空基地周辺、アレッポ中央刑務所周辺、アルカミーヤ村で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

アレッポ市ではシャイフ・マクスード地区、ブスターン・カスル地区、アーミリーヤ地区で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ラッカ市の電力会社地区とルマイラ地区に対して軍が砲撃を行い、女性2人を含む6人が死亡した。

また第17師団周辺では、軍と反体制武装集団が交戦した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市の工業地区、ラサーファ地区、ジュバイラ地区で軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(6月10日付)によると、ダイル・ザウル市の工業地区、ハウィーカ地区で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ラスタン市、ヒムス市各所が軍の空爆を受けた。

一方、SANA(6月10日付)によると、ジャンダル村、ヒムス市ジャウラト・シヤーフ地区、ワーディー・サーイフ地区、ラスタン市などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、カフルズィーター市、カストゥーン村、ハウワーシュ村、カルカート村が、軍の砲撃を受けた。

一方、SANA(6月10日付)によると、マスアダ村、アブー・ハナーヤー村、マスウード村、サルバ村、クライブ・サウル村で軍が反体制武装集団の掃討を完了し、治安を回復した。

これに対して、反体制武装集団はサラミーヤ市郊外のサアン村にある医療センターや民家を迫撃砲で攻撃、またシャームの民のヌスラ戦線が同市に侵入し、住民を誘拐した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ラーミー村などが軍の砲撃を受けた。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区が軍の空爆を受けた。

一方、SANA(6月10日付)によると、ジャウバル区、バルザ区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

Kull-nā Shurakā', June 10, 2013

Kull-nā Shurakā’, June 10, 2013

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ザマルカー市、ハジャル・アスワド市が軍の空爆・砲撃を受けた。

一方、SANA(6月10日付)によると、ハラスター市、シャイフーニーヤ村、バハーリーヤ農場、ラヒーバ農場、フジャイル市、ジャイルード市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、外国人戦闘員ら複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(6月10日付)は、イスラーム旅団とウターヤー地域歩兵師団が東グータ地方でシリア軍の偵察機2機を撃墜したと報じ、その写真を公開した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダーイル町、カフルシャムス町が軍の砲撃を受けた。

シリア政府の動き

『アフバール』(6月10日付)は、5月22日にシリアを訪問したヨルダン人作家・活動家のサウード・クバイラート氏の話として、アサド大統領が世銀による210億ドルの融資を拒否したと報じた。

同報道によると、この融資は、シリア復興への投入を条件としており、アブドゥッラー・ダルダリー元副首相が世銀の代表として、アサド政権に提示したという。

反体制勢力の動き

ジャズィーラ・チャンネルのホームページ(6月9日付)は、アル=カーイダの指導者アイマン・ザワーヒリーが、イラク・イスラーム国のアブー・バクル・バグダーディーによるシャームの民のヌスラ戦線との統合宣言を破棄したことを書簡を通じて発表したと報じ、その写真(http://www.aljazeera.net/file/Get/64c64867-0eb8-4368-a1fd-13c7afbc9aa3)を公開した。

書簡において、ザワーヒリーは「イラク・シャーム・イスラーム国は廃止され、イラク・イスラーム国の名で活動を継続する…。シャームの民のヌスラ戦線は、アル=カーイダ全体に属すジハード・アル=カーイダ集団から独立した一組織となる」と発表した。

そのうえで「ジハード・アル=カーイダ集団のすべての同胞に(この決定を)遵守(するよう求め)…、すべてのイスラーム教徒、ジハード主義者同胞にこの対立をめぐって口論することを止めるよう求める」と付言した。

http://www.aljazeera.net/news/pages/a5a7d33e-3c9f-4706-b070-e358b5e67236

**

Kull-nā Shurakā', June 10, 2013

Kull-nā Shurakā’, June 10, 2013

クッルナー・シュラカー(6月10日付)は、9日のアレッポ市シャッアール地区で、預言者を侮辱した罪で15歳の少年がサラフィー主義戦闘員に処刑された事件に関して、シャームの民のヌスラ戦線が「違法な殺人」との関係を否定する声明を出したと報じ、その画像を公開した。

**

ベルギーの日刊紙『ヘット・ニュースブラッド』(Het Nieuwsblad、6月10日付)は、シリア国内で反体制武装闘争に参加していたベルギー人サラフィー主義者集団の戦闘員1人がアレッポ市近郊で就寝中に、頭を撃たれて殺害されたと報じた。

殺害されたのはターリク・ターキートルーン(20歳、ブリュッセル郊外生まれ)で、30人の仲間とともに武装集団を結成し、シャームの民のヌスラ戦線のもとで戦闘に参加していたという。

またターリクの兄のイリヤース(22歳)は、ベルギーに6月3日に帰国し、テロ活動を行った容疑で逮捕された。

**

シリア・ムスリム同胞団は声明を出し、シリアが「ロシア人、イラン人…、レバノン人やイラン人などからなる宗派主義的戦闘員の「悪のトライアングル」の攻撃に曝されているとする一方、「国際社会に沈黙」を厳しく非難した。

**

民主的変革諸勢力国民調整委員会の執行部は、声明を出し、現下の紛争において「宗派主義的現象を広める体系的な危機」があると指摘、シリア人以外のすべての当時者に国内での戦闘に参加いないよう呼びかけ、ヒズブッラーを暗に非難した。

**

シリア民主主義者連合のファーイズ・サーラ、ムワッファク・ニールビーヤら在外活動家約200人が共同声明を出し、ヒズブッラーが運営するマナール・チャンネルの視聴ボイコットを呼びかけた。

**

元共和国護衛隊第105旅団司令官で脱走兵のフィラース・トゥラースはフェイスブックで、シャームの民のヌスラ戦線のアブー・ムハンマド・ジャウラーニーは実在せず、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長であると断じた。

またトゥラースは、イラク・イスラーム国を指導するアブー・バクリー・バグダーディーについても、イラン・イスラーム革命防衛隊クドス軍団のガーセム・ソレイマーニー司令官だと断じた。

**

自由シリア軍参謀委員会は声明を出し、シリア革命反体制勢力国民連立の代表メンバー拡大で、自由シリア軍の代表者数(15人)の増加が認められたかったことに関して、態度を保留する決定を下したことを発表した。

代表者15人の氏名は以下の通り:

スライマーン・ウバイド(ダルアー県)
ルワイユ・ミクダード(ダルアー県)
マムドゥーフ・ラーカーン・タッハーン(クナイトラ県)
アブドゥッサラーム・ナジーブ(ヒムス県)
ヤーミン・ワリード・ジャウハリー(スワイダー県)
アンマール・カルート(ダイル・ザウル県)
スィーバーン・ヒクマト・アフマド(ラッカ県)
フアード・アッルーシュ(イドリブ県)
ムハンナド・イーサー(イドリブ県)
アフマド・ジャッカール(アレッポ県)
ムスタファー・スフタ(ラタキア県)
ムスタファー・アフマド・シャルシュ(ダマスカス県・ダマスカス郊外県)
ムハンマド・シャッアール(ダマスカス県・ダマスカス郊外県)
ハーリド・アリー(ハマー県)

なお『ハヤート』(6月17日付)によると、自由シリア軍参謀委員会は、代表メンバーの半数、ないしは少なくとも3分の1を自由シリア軍に割り当てるよう主張していたという。

レバノンの動き

レバノンの声ラジオ(6月10日付)によると、ジャアファル家のメンバーとヒズブッラーの支持者がベカーア県バアルベック郡と北部県をつなぐ街道を封鎖し、レバノン赤十字社が行うヒムス県クサイル市からのシリア人負傷者搬送を妨害した。

道路封鎖を受け、レバノン赤十字社の車列はアルサール市に引き返したという。

諸外国の動き

アラブ政治調査研究センター(カタール)は2012年から2013年にかけてアラブ諸国14カ国で実施したシリア情勢に関する世論調査の結果を発表した。

調査が実施されたのは、モーリタニア、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、スーダン、パレスチナ、レバノン、ヨルダン、イラク、サウジアラビア、イエメン、クウェート。

調査結果によると、77%の解答者がアサド大統領の退任を支持、13%が反対していた。

また66%の解答者が、シリアでの体制転換が危機解決の最善策だと答え、10%が平和的政治プロセスによる解決を、3%が革命の根絶を支持していた。

**

サウジアラビアの巡礼省報道官は、AFP(6月11日付)に、事実上の自壊状態にあるシリア革命反体制勢力国民連立をシリア人に対するメッカへの巡礼許可証発行の許可権者とみなすことを決定したと発表した。

**

NHK(6月10日付)は、来週17日に英国で開催されるG8首脳会議で、日本の安倍晋三総理大臣が、シリアの反体制勢力に対して初めて物資の支援に踏み切ることを表明する方針を固めた、と報じた。

NHKによると、安倍総理大臣は、反体制勢力に対して、自動車、発電機などの物資の支援を行うことを表明するという。

この方針に関して、NHKは「日本政府は、反政府勢力について、すでにシリア国民の正当な代表だという立場をとっています」と付言したが、「シリアの友連絡グループ」が「シリア国民の唯一の正統な代表」として承認したシリア革命反体制勢力国民連立は事実上自壊する一方、サラフィー主義者によって主導されているシリア国内の反体制勢力も弱体化を始めており、日本政府が誰に、また何のために支援するのかを合理的に説明することはできない。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130611/k10015210391000.html

**

ジャズィーラ(6月10日付)は、GCCが、シリアの戦闘へのヒズブッラーの参戦を厳しく非難、加盟国におけるヒズブッラー・メンバーの滞在許可、送金などを制限するための措置を講じることを決定したと報じた。

**

SPA(6月10日付)は、サウジアラビアの内閣が閣議においてシリア情勢について審議、「シリアでの戦争へのヒズブッラーのあからさまな干渉と、シリアを戦場にするようなすべての外国の介入を非難した」と報じた。

また閣議はシリアの危機を終わらせることへのアラブ世界および国際社会の努力に謝意を示した、という。

AFP, June 10, 2013、al-Akhbār, June 10, 2013、al-Ḥayāt, June 11, 2013, June 17, 2013、Kull-nā Shurakā’, June 10, 2013, June 12,
2013、Kurdonline, June 10, 2013、Naharnet, June 10, 2013、Reuters, June 10,
2013、SANA, June 10, 2013、UPI, June 10, 2013などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク