シリア軍がヌスラ戦線などに対する攻勢を強め、「死のトライアングル」の複数の町・村、高地を制圧(2015年2月28日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月28日付)、シリア人権監視団などによると、ダマスカス県、ダルアー県、クナイトラ県の3県が接するいわゆる「死のトライアングル」地帯で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、イラン・イスラーム革命防衛隊が、シャームの民のヌスラ戦線など反体制武装集団に対する攻撃を再び激化させ、ダルアー県のカフル・ナースィジュ村、カフルシャムス町、ハーッラ市郊外丘陵地帯、アンタル丘、タッル・アラーキーヤ、ザムリーン村一帯、ダマスカス郊外県のハバーリーヤ町、サブサバー町、ヒルバト・スルターナ村、ハムリート村一帯、クナイトラ県のマスハラ村、ブザーク丘などで戦闘が発生、シリア軍側が撃った迫撃砲4,800発以上が着弾した。

またダマスカス郊外県サアサア町郊外などでもシリア軍と反体制武装集団が交戦したという。

一方、SANA(2月28日付)によると、シリア軍総司令部が、ダマスカス郊外県のハバーリーヤ町、ヒルバト・スルターナ村、ハムリート村で、シリア軍、国防隊が反体制武装集団を掃討し、同地の治安と安定を回復したと発表した。

総司令部はまた、ダルアー県SANA(2月28日付)のタッル・カリーン村、トゥルール・ファーティマでも、シリア軍はシャームの民のヌスラ戦線戦闘員を殲滅、同地を制圧したと付言した。

またSANAは、アリー・アブドゥッラー・アイユーブ参謀長がハバーリーヤ町、ヒルバト・スルターナ村、ハムリート村一帯などの前線を視察したと報じた。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市インザーラート地区、バーシュカウィー村、ハンダラート・キャンプ一帯などを「樽爆弾」で空爆、また国防隊、ヒズブッラー戦闘員などとともに、シャームの民のヌスラ戦線、アンサール・ディーン戦線などと交戦した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、カルサーヤー村一帯で住民11人が殺害された。

反体制活動家によるとシリア軍が密告者を伴い同村に入り、11人を殺害したという。

またシリア人権監視団によると、アービディーン村各所をシリア軍が「樽爆弾」で空爆した。

**

クナイトラ県では、クッルナー・シュラカー(3月1日付)によると、ゴラン特殊部隊旅団のマフムード・ムスタファー司令官が何者かに殺害された。

AFP, February 28, 2015、AP, February 28, 2015、ARA News, February 28, 2015、Champress, February 28, 2015、al-Durar al-Shamiya, February 28, 2015、al-Hayat, March 1, 2015、Iraqi News, February 28, 2015、Kull-na Shuraka’, February 28, 2015、March 1, 2015、al-Mada Press, February 28, 2015、Naharnet, February 28, 2015、NNA, February 28, 2015、Reuters, February 28, 2015、SANA, February 28, 2015、UPI, February 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク