シリア国民連合、民主的変革諸勢力国民調整委員会が、「ジュネーブ合意」活性化に向けたデミストゥラ氏主催の個別会談への参加を決定(2015年4月29日)

『ハヤート』(4月30日付)は、シリア革命反体制勢力国民連立が、ジュネーブ合意(2012年)に基づく和平交渉の活性化に向けて、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表が準備している当事者との個別会合開催の呼びかけに応じ、参加の意向を伝えた、と報じた。

『ハヤート』によると、デミストゥラ氏は、シリア政府、反体制派代表といった紛争当事者に招待状を送付、5月7~22日の予定でジュネーブで事態打開に向けた意見を聴取するための個別会合を開催することを伝えていた。

これに対して、シリア革命反体制勢力国民連立は、2014年2月に開催された和平交渉「ジュネーブ2」の「終了時点からの交渉再開と政治的解決」をめざすと回答するとともに、「犯罪者独裁体制崩壊以外にシリアに解決策はない」との基本方針を改めて強調したという。

また、『ハヤート』によると、国内で活動する民主的変革諸勢力国民調整委員会は、デミストゥラ氏の招待に応じ、個別会合への参加を決定している。

スペインのマドリードに国外逃亡したシリア国家建設潮流のルワイユ・フサイン代表も、ジュネーブ訪問に先立ってシリア革命反体制勢力国民連立との調整を行うことを決定、参加への意向を示している。

一方、デミストゥラ氏からの招待状を受け取った活動家の中では、フィラース・トゥラース氏が参加辞退を申し出たという。

AFP, April 29, 2015、AP, April 29, 2015、ARA News, April 29, 2015、Champress, April 29, 2015、al-Hayat, April 30, 2015、Iraqi News, April 29, 2015、Kull-na Shuraka’, April 29, 2015、al-Mada Press, April 29, 2015、Naharnet, April 29, 2015、NNA, April 29, 2015、Reuters, April 29, 2015、SANA, April 29, 2015、UPI, April 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク