国防隊司令官がイスラーム軍の尋問を受け「アサド政権はダーイシュ(イスラーム国)をヒムス県東部やカラムーン地方東部に招き入れ、住民の支持を獲得しようとした」と証言(2015年6月5日)

クッルナー・シュラカー(6月5日付)は、イスラーム軍幹部の話として、イスラーム軍が最近逮捕した親政権の民兵「ワファー軍」のハーリド・ダイリー司令官(アブー・スライマーン)が尋問にいて、「アサド政権は、ダーイシュ(イスラーム国)を(ヒムス県の)砂漠地帯、バトラー地方、(ダマスカス郊外県の)東カラムーン地方に招き入れ、東グータ地方住民の間に恐怖を喚起し、「ワファー軍」への参加を促そうとしていた、と証言した(させられた)と伝えた。

AFP, June 5, 2015、AP, June 5, 2015、ARA News, June 5, 2015、Champress, June 5, 2015、al-Hayat, June 6, 2015、Iraqi News, June 5, 2015、Kull-na Shuraka’, June 5, 2015、al-Mada Press, June 5, 2015、Naharnet, June 5, 2015、NNA, June 5, 2015、Reuters, June 5, 2015、SANA, June 5, 2015、UPI, June 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク