ケリー米国務長官はラヴロフ露外相との電話会談で、シリア政府への軍事支援強化への懸念を伝える(2015年9月5日)

ジョン・ケリー米国務長官とロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は電話会談を行い、シリア情勢などへの対応について意見を交わした。

電話会談で、ケリー米国務長官はラヴロフ外務大臣に対して、ロシアがシリア政府への軍事支援を強化しているとする報道について、「こうしたレポートが本当であれば、紛争を激化させ、さらに多くの無実の人の命を奪い、難民を流出させ、ダーイシュ(イシュラーム国)と戦う有志連合を危険にさらすことになる」との懸念を伝えた。

ARA News(9月6日付)などが伝えた。

AFP, September 6, 2015、AP, September 6, 2015、ARA News, September 6, 2015、Champress, September 6, 2015、al-Hayat, September 7, 2015、Iraqi News, September 6, 2015、Kull-na Shuraka’, September 6, 2015、al-Mada Press, September 6, 2015、Naharnet, September 6, 2015、NNA, September 6, 2015、Reuters, September 6, 2015、SANA, September 6, 2015、UPI, September 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク