シリア・ムスリム同胞団はアサド政権との権力分有を拒否(2015年9月6日)

シリア・ムスリム同胞団幹部でシリア革命反体制勢力国民連立政治委員会メンバーのファールーク・タイフール氏は、「アサド大統領が権力を分有する用意がある」とのロシアのヴラジミール・プーチン大統領の発言に関して、サウジアラビア日刊紙『ウカーズ』(9月5日付)に対し、「アサド政権との権力分有を拒否する」と述べた。

AFP, September 6, 2015、AP, September 6, 2015、ARA News, September 6, 2015、Champress, September 6, 2015、al-Hayat, September 7, 2015、Iraqi News, September 6, 2015、Kull-na Shuraka’, September 6, 2015、al-Mada Press, September 6, 2015、Naharnet, September 6, 2015、NNA, September 6, 2015、Reuters, September 6, 2015、SANA, September 6, 2015、‘Ukaz, September 6, 2015、UPI, September 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク