ロシア軍参謀総長「シリア国内で空軍基地を建設する予定はないが、可能性は否定しない」(2015年9月16日)

ロシア軍のニコライ・ボグダノフスキー第1参謀長は、ラタキア県ジャブラ市郊外のフマイミーム航空基地(バースィル・アサド国際空港内)の滑走路延長工事など、ロシア軍がシリア国内での軍備を増強しているとする報道に関して、現時点で空軍基地を建設する予定はないとしつつ、「こうしたことを行うことは可能で、否定はしない」と述べた。

『ハヤート』(9月17日付)などが伝えた。

AFP, September 16, 2015、AP, September 16, 2015、ARA News, September 16, 2015、Champress, September 16, 2015、al-Hayat, September 17, 2015、Iraqi News, September 16, 2015、Kull-na Shuraka’, September 16, 2015、al-Mada Press, September 16, 2015、Naharnet, September 16, 2015、NNA, September 16, 2015、Reuters, September 16, 2015、SANA, September 16, 2015、UPI, September 16, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク