米政府匿名高官は、ロシアがシリア国内の拠点に戦闘機4機を配備したとの報道が事実だと述べる(2015年9月18日)

『ウォール・ストリート・ジャーナル』(9月18日付、ネット版)は、複数の米国防当局者の話として、ロシアがシリアにSu-27と見られる戦闘機を配備したと伝えた。

これに関して、AFP(9月18日付)は、ロシアがシリア国内の拠点に戦闘機4機を配備し、米政府が警戒感を強めている、と匿名の米政府筋が語ったと伝えた。

この匿名の米政府筋は、ロシア軍の拠点となっているラタキア県内の空軍基地で、ロシアの戦闘機4機が駐機しているのが目撃されたとの報道について、事実だと認めた。

AFP, September 19, 2015、AP, September 19, 2015、ARA News, September 19, 2015、Champress, September 19, 2015、al-Hayat, September 20, 2015、Iraqi News, September 19, 2015、Kull-na Shuraka’, September 19, 2015、al-Mada Press, September 19, 2015、Naharnet, September 19, 2015、NNA, September 19, 2015、Reuters, September 19, 2015、SANA, September 19, 2015、UPI, September 19, 2015、The Wall Street Journal, September 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク