ロシア軍が3日に続いて、4日にもトルコに領空侵犯、また5日には地対空ミサイルのレーダーでトルコ軍機を捕捉(2015年10月6日)

トルコ軍は声明を出し、3日のロシア軍によるトルコ領内への領空侵犯に続いて、4日と5日にも、トルコ軍が「嫌がらせ」を受けたことを明らかにした。

声明によると、ロシア軍戦闘機は3日、シリア領からハタイ県上空に領空侵犯、緊急発進をしたトルコ軍戦闘機(F-16)に対して、5分40秒にわたって「嫌がらせ」(レーダーによる捕捉)を行っていたが、これに続き、4日にも、トルコ領内に領空侵犯した所属不明のSu-29戦闘機1機が、トルコ空軍のF-16戦闘機を4分30秒にわたってレーダーで捕捉するという「嫌がらせ」を行ったという。

また5日には、偵察飛行中のトルコ軍戦闘機(F-16)が、シリア領内に展開している地対空ミサイルの標的として捕捉されたという。

この「嫌がらせ」は4分15秒にわたって続いたという。

AFP, October 6, 2015、AP, October 6, 2015、ARA News, October 6, 2015、Champress, October 6, 2015、al-Hayat, October 7, 2015、Iraqi News, October 6, 2015、Kull-na Shuraka’, October 6, 2015、al-Mada Press, October 6, 2015、Naharnet, October 6, 2015、NNA, October 6, 2015、Reuters, October 6, 2015、SANA, October 6, 2015、UPI, October 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク