シリア軍は、ロシア軍の空爆と並行してアレッポ県、ヒムス県、ダイル・ザウル県でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆(2015年10月6日)

アレッポ県では、SANA(10月6日付)によると、ロシア軍による空爆と並行して、シリア軍が、カフキーフ村、アイン・ハンシュ村、クワイリス航空基地一帯、ジャービリーヤ村、ジャディーダ村、アルバイド村、シャルバア村、航空士官学校一帯、ライヤーン村、アイン・サービル村、カッバーラ村、タッル・イスタブル村、フワイジーナ村、マフラサ村、ジュブ・サファー村、ラドワーニーヤ村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、ARA News(10月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、イフラス村にあるシャーム戦線の拠点に対して、ダーイシュが爆弾を積んだ車で攻撃を行い、数十人が死傷した。

**

ヒムス県では、SANA(10月6日付)によると、ロシア軍による空爆と並行して、シリア軍がカルヤタイン市でダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル航空基地一帯で、シリア軍、国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、シリア軍が同地を2回にわたり空爆した。

一方、SANA(10月6日付)によると、ロシア軍による空爆と並行して、シリア軍がダイル・ザウル航空基地一帯、ジャフラ村、ダイル・ザウル市工業地区、ラサーファ地区、ハウィーカ地区で、ダーイシュ(イスラーム国)に対して攻撃を加え、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、10月6日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は3回におよび、ブーカマール市近郊のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, October 6, 2015、AP, October 6, 2015、ARA News, October 6, 2015、October 7, 2015、Champress, October 6, 2015、al-Hayat, October 7, 2015、Iraqi News, October 6, 2015、Kull-na Shuraka’, October 6, 2015、al-Mada Press, October 6, 2015、Naharnet, October 6, 2015、NNA, October 6, 2015、Reuters, October 6, 2015、SANA, October 6, 2015、UPI, October 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク