アサド大統領はフランス議員使節団と会談:「フランスを含む多くの欧米諸国、中東地域諸国が依然としてテロを支援している」(2015年10月28日)

アサド大統領は、シリアを訪問したキリスト教民主党のジャン・フレデリック・ポワソン党首を団長フランス議員使節団と会談し、シリア情勢、とりわけ「テロとの戦い」への対応などについて意見を交わした。

SANA(10月28日付)によると、アサド大統領は会談で、世界規模で拡がるテロ行為や過激思想に対して協力して対処する必要を強調した。

また、フランスを含む多くの欧米諸国、中東地域諸国が依然としてテロを支援し、シリア国内でのテロ組織の活動を政治的に隠蔽しようとしていると指摘、フランス議会を筆頭とするフランスの様々な機関・組織が、こうしたフランスの政策を是正し、中東地域の安定に向けて行動するべきだと述べたという。

シリア国民の惨状について、アサド大統領は、その主因がテロであると強調した。

これに対して、フランス議員団は、「テロとの戦い」においてすべての国がさらなる努力を重ねることが肝要だとしたうえで、欧米諸国の政策を是正する必要があると答えたという。

SANA, October 28, 2015

SANA, October 28, 2015

 

AFP, October 28, 2015、AP, October 28, 2015、ARA News, October 28, 2015、Champress, October 28, 2015、al-Hayat, October 29, 2015、Iraqi News, October 28, 2015、Kull-na Shuraka’, October 28, 2015、al-Mada Press, October 28, 2015、Naharnet, October 28, 2015、NNA, October 28, 2015、Reuters, October 28, 2015、SANA, October 28, 2015、UPI, October 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク