シリア軍はダルアー市国立病院南部、アレッポ市南部で支配地域を拡大する一方、ダマスカス郊外県、アレッポ市、イドリブ市を激しく空爆・攻撃し、多数の住民が死傷(2015年10月31日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市、ドゥーマー市、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯を「樽爆弾」などで空爆し、子供1人を含む6人が死亡した。

クッルナー・シュラカー(10月31日付)によると、ドゥーマー市への空爆はロシア軍によるもので、これにより住民4人が死亡、20人以上が負傷したという。

反体制武装集団はこれに対して、ダーヒヤト・アサド町を砲撃した。

一方、SANA(10月31日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、フーシュ・アドマル村およびその周辺、マルジュ・スルターン村一帯、ハラスター市郊外で、イスラーム軍などからなる反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまたダーライヤー市でアジュナード・シャーム・イスラーム連合の拠点に対し特殊作戦を行い、戦闘員10人を殺傷した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がハーン・トゥーマーン村、タッル・ハディーヤ村、ダマスカス・アレッポ街道(ハーン・アサル村一帯)を15回にわたり空爆した。

一方、SANA(10月31日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにアレッポ市南部のマルイーン村、ハミーミーヤ村、ハミーディー村、マシュラファ村、スバイヒーヤ村で反体制武装集団に対する特殊作戦を行い、これらの村を含む50平方キロの地域を制圧した。

シリア軍はまた、アレッポ市マイサル・ジャズマーティー地区、マルジャ地区、ラーシディーン地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

シャームの民のヌスラ戦線はツイッターを通じて、「アレッポ南部郊外解放の戦い」の開始を宣言した。

**

イドリブ県では、マアッラト・ヌウマーン市に対する空爆が実施され、子供3人を含む7人が死亡した。

またアブー・ズフール航空基地では、シリア軍、国防隊がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、後者の戦闘員が死亡した。

一方、SANA(10月31日付)によると、シリア軍がマアッラト・ヌウマーン市でファトフ軍の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、アトシャーン村一帯でのシリア軍との戦闘で、ジハード主義武装集団戦闘員1人が死亡した。

一方、SANA(10月31日付)によると、シリア軍が、ラターミナ町、サキーク村、ムスタリーハ村、ワーディ・ジャッファールなどでファトフ軍の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまたジュッブ・ザアルール村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(10月31日付)によると、シリア軍がダルアー市内国立病院南部の建物群22カ所を制圧し、反体制武装集団戦闘員数十人を殲滅し、司令拠点、武器・装備などを破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(10月31日付)によると、シリア軍がガントゥー市、アブー・サナースィル丘、ファルハーニーヤ村、タルビーサ市、ティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線の拠点などを空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、クッルナー・シュラカー(10月31日付)は、シリア軍戦闘機がタルビーサ市で毒ガスを装填したロケット弾で空爆を行ったと報じた。

**

ダマスカス県では、SANA(10月31日付)によると、クスール地区にイスラーム軍が撃った迫撃砲弾1発が着弾し、少女1人が死亡した。

AFP, October 31, 2015、AP, October 31, 2015、ARA News, October 31, 2015、Champress, October 31, 2015、al-Hayat, November 1, 2015、Iraqi News, October 31, 2015、Kull-na Shuraka’, October 31, 2015、al-Mada Press, October 31, 2015、Naharnet, October 31, 2015、NNA, October 31, 2015、Reuters, October 31, 2015、SANA, October 31, 2015、UPI, October 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク