反体制武装集団がラタキア県北部、アレッポ市南部の要衝を奪還(2015年11月2日)

ラタキア県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月2日付)によると、シリア軍が11月1日に制圧したガマーム村を反体制武装集団(第2沿岸師団など)が奪還した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍の空爆と並行して、シリア軍、国防隊、アラブ系・アジア系外国人戦闘員が、ワディーヒー村、シュカイディラ村、バッカーラ丘、バンジーラ山、カラースィー村一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、後者はシリア軍に制圧されていたバンジーラ山一帯の複数の拠点を奪還した。

またARA News(11月2日付)によると、シャーム戦線(「命じられるがまま進め」連合)がシリア軍との戦闘の末、ハーディル村周辺の丘陵地帯を奪還した。

他方、シャーム戦線のアブー・マーヒル・ヒムスィー副司令官は声明を出し、戦線傘下の治安機関を解体すると発表した。

治安機関解体は、統合的な治安機関の設置をめざすアレッポ市および同市一帯の住民や革命家たちの要請を受けたものだという。

このほか、シャーム軍広報局は声明を出し、マルジュ・ダービク大隊(自由シリア軍)がシャーム軍に合流したと発表した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市を砲撃し、子供3人を含む6人が死亡した。

一方、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がマルジュ・スルターン航空基地一帯、ハラスター市農場地帯でシャームの民のヌスラ戦線、イスラーム軍などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアンタル丘、カフルシャムス町一帯、ウンム・アウサジュ村一帯を砲撃した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマスハラ村、ウンム・バーティナ村、西サムダーニーヤ村、ハミーディーヤ村を砲撃した。

一方、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がウーファーニヤー村、タルジャナ村、ジャバーター・ハシャブ村一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がラターミナ町、スカイク村、ラトミーン村でファトフ軍の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまたスカイラビーヤ市一帯でファトフ軍と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がヒムス市ワアル地区、タルビーサ市郊外でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 2, 2015、AP, November 2, 2015、ARA News, November 2, 2015、Champress, November 2, 2015、al-Durar al-Shamiya, November 2, 2015、al-Hayat, November 3, 2015、Iraqi News, November 2, 2015、Kull-na Shuraka’, November 2, 2015、November 3, 2015、al-Mada Press, November 2, 2015、Naharnet, November 2, 2015、NNA, November 2, 2015、Reuters, November 2, 2015、SANA, November 2, 2015、UPI, November 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク