シリア民主軍がハサカ県でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、複数の村を制圧(2015年11月2日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、タッル・ハミース市・フール町間の一帯などで、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、シリア民主軍がタッル・ブラーク町南部のハッラーブ・アッタール村、ハッラーブ・アリー・サギーラ村、ライナス村などを制圧した。

また、ARA News(11月2日付)によると、シリア民主軍はフール町東部のバフラト・ハーヌーティーヤ村方面に進軍し、ダーイシュと交戦した。

進軍に先立ち、同地一帯を有志連合が空爆したという。

一方、ARA News(11月2日付)は、ダーイシュに近い匿名筋の話として、ダーイシュがタッル・ブラーク町南部のシリア軍と西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊の合同部隊の車列に対して自爆攻撃を行ったと伝えた。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がターディフ市のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

またハナースィル市・イスリヤー村街道一帯、シャイフ・アフマド村、タッル・アラン村、タッル・ハースィル村、タアーナ村一帯では、シリア軍、国防隊がダーイシュとの戦闘を続けた。

一方、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部・北部のタッル・スィースィーン村、ハザワーン村、タイバ村、ワディーア村、ターディフ市、ラドワーニーヤ村、ジュッブ・サファー村、シャイフ・アフマド村、ラスム・アブド村、ウンム・アルキーラ村、マフラサ村、マスカナ村南部、クワイリース航空基地一帯、ジャービリーヤ村、カスキース村のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がマヒーン町およびその一帯、フワーリーン村でダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、マヒーン町一帯、タドムル市一帯(柑橘農園)でダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(11月2日付)によると、シリア軍がムーハサン市北部、ジャフラ村、マリーイーヤ村、フワイジャト・マリーイーヤ村、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ハミーディーヤ地区でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 2, 2015、AP, November 2, 2015、ARA News, November 2, 2015、Champress, November 2, 2015、al-Hayat, November 3, 2015、Iraqi News, November 2, 2015、Kull-na Shuraka’, November 2, 2015、al-Mada Press, November 2, 2015、Naharnet, November 2, 2015、NNA, November 2, 2015、Reuters, November 2, 2015、SANA, November 2, 2015、UPI, November 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク