米国防省:米軍はシリア民主軍の空爆支援を17回にわたって実施(2015年11月5日)

米国防総省のスティーブ・ウォーレン報道官は、ハサカ県フール町一帯でダーイシュ(イスラーム国)と戦うシリア民主軍を支援するため17回にわたる空爆を実施したと発表するとともに、シリア民主軍がダーイシュから255平方キロの地域を奪還したことを明らかにした。

ウォーレン報道官によると、航空支援には、トルコのインジルリク空軍基地に配備されているA-10、AC-130が投入されたという。

『ハヤート』(11月6日付)などが伝えた。

AFP, November 5, 2015、AP, November 5, 2015、ARA News, November 5, 2015、Champress, November 5, 2015、al-Hayat, November 6, 2015、Iraqi News, November 5, 2015、Kull-na Shuraka’, November 5, 2015、al-Mada Press, November 5, 2015、Naharnet, November 5, 2015、NNA, November 5, 2015、Reuters, November 5, 2015、SANA, November 5, 2015、UPI, November 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク