ロシア国防省:ロシア軍は過去2日で81回の爆撃を実施し、国際テロ組織の施設263カ所を破壊(2015年11月5日)

ロシア国防省は、ロシア軍が過去48時間で81回出撃し、アレッポ県、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、イドリブ県、ラタキア県、ラッカ県、ハマー県、ヒムス県で、ダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織の施設263カ所を破壊したと発表した。

イドリブ県では、Su-25戦闘機が、イラクの首都バグダードにある合同情報センターからの情報をもとに、マアッラト・ヌウマーン市近郊でシャームの民のヌスラ戦線の対戦車ミサイル・システムなどを破壊した。

アレッポ県では、Su-24戦闘機がナイラブ航空基地近郊でダーイシュの車輌、施設を破壊した。

ダマスカス郊外県では、ロシア軍戦闘機がムガール山のダーイシュ基地を破壊した。

ダイル・ザウル県では、Su-34戦闘機がムーハサン市近郊でヌスラ戦線の教練キャンプを破壊した。

ヒムス県では、Su-24M戦闘機が、タドムル市近郊でダーイシュの拠点を破壊した。

AFP, November 5, 2015、AP, November 5, 2015、ARA News, November 5, 2015、Champress, November 5, 2015、al-Hayat, November 6, 2015、Iraqi News, November 5, 2015、Kull-na Shuraka’, November 5, 2015、al-Mada Press, November 5, 2015、Naharnet, November 5, 2015、NNA, November 5, 2015、Reuters, November 5, 2015、SANA, November 5, 2015、UPI, November 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク