イスラーム軍はパリでの同時多発テロに関して「各国諜報機関が過激なテロリストを操って実行した」と断じる(2015年11月14日)

イスラーム軍のイスラーム・アッルーシュ大尉は声明を出し、13日のパリでの同時多発テロに関して、「各国諜報機関の腕が過激なテロリストを操って自らの犯罪的な意思を実行に移し、シリア国民とフランス国民の信頼を揺るがそうとしている」と主張し、事件の背後に欧米諸国がいると暗に批判した。

Kull-na Shuraka', November 14, 2015

Kull-na Shuraka’, November 14, 2015

 

AFP, November 14, 2015、AP, November 14, 2015、ARA News, November 14, 2015、Champress, November 14, 2015、al-Hayat, November 15, 2015、Iraqi News, November 14, 2015、Kull-na Shuraka’, November 14, 2015、al-Mada Press, November 14, 2015、Naharnet, November 14, 2015、NNA, November 14, 2015、Reuters, November 14, 2015、SANA, November 14, 2015、UPI, November 14, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク