シリア人権監視団は、フランス軍のラッカ市空爆でダーイシュ(イスラーム国)メンバー33人が死亡したと発表するも、民間人犠牲者については言及せず(2015年11月18日)

シリア人権監視団は、13日のパリでの同時テロ事件発生を受け、フランス軍が15日以降3日連続で行っているラッカ市への空爆により、ダーイシュ(イスラーム国)メンバー33人が死亡したと発表した。

また、フランス軍に加えて、ロシア軍、米主導の有志連合によるラッカ市空爆が激化するなか、ラッカ市から外国人戦闘員の家族らがイラクのモスル市方面への避難を開始したと付言した。

AFP, November 18, 2015、AP, November 18, 2015、ARA News, November 18, 2015、Champress, November 18, 2015、al-Hayat, November 19, 2015、Iraqi News, November 18, 2015、Kull-na Shuraka’, November 18, 2015、al-Mada Press, November 18, 2015、Naharnet, November 18, 2015、NNA, November 18, 2015、Reuters, November 18, 2015、SANA, November 18, 2015、UPI, November 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク