フランス軍は15、16日に引き続き、ラッカ市のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆(2015年11月18日)

フランス国防省は声明を出し、15、16日に引き続き、フランス軍戦闘機10機がダーイシュ(イスラーム国)の中心都市ラッカ市に対して空爆を実施したと発表した。

**

フランスのフランソワ・オランド大統領は17日、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領と電話会談し、シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆作戦での連携を強化することで一致した。

AFP, November 18, 2015、AP, November 18, 2015、ARA News, November 18, 2015、Champress, November 18, 2015、al-Hayat, November 19, 2015、Iraqi News, November 18, 2015、Kull-na Shuraka’, November 18, 2015、al-Mada Press, November 18, 2015、Naharnet, November 18, 2015、NNA, November 18, 2015、Reuters, November 18, 2015、SANA, November 18, 2015、UPI, November 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク