YPG主体のシリア民主軍は有志連合の空爆支援を受け、ハサカ県のマリービーヤ村一帯をダーイシュ(イスラーム国)から奪還(2015年11月22日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、有志連合の航空支援を受けてミールビーヤ村およびその周辺一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、同地をほぼ制圧した。

一方、SANA(11月22日付)によると、シリア軍がフマイマ村、アークーラ村及びその北部一帯、タッル・アフマル村、カスキース村北部、ラスム・アブド村、ダイル・ハーフィル市、クワイリス航空基地東部一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊の支配下にあるトルコ国境のタッル・アブヤド市で、爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発し、3人が死亡(クッルナー・シュラカー(11月22日付)によると4人が死亡)、20人が負傷した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、ダーイシュ(イスラーム国)が展開するフマイマ村、タッル・アフマル村一帯を空爆した。

**

ヒムス県では、SANA(11月22日付)によると、シリア軍がタドムル市西部のハッラーバート地区、ハフル村、マヒーン町、フワーリーン村一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、
複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(11月22日付)によると、シリア軍がブーライル村、ジュナイナ村、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ジュバイリーヤ地区でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆、攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、サフム・ジャウラーン村一帯で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団がダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団と交戦した。

AFP, November 22, 2015、AP, November 22, 2015、ARA News, November 22, 2015、Champress, November 22, 2015、al-Hayat, November 23, 2015、Iraqi News, November 22, 2015、Kull-na Shuraka’, November 22, 2015、al-Mada Press, November 22, 2015、Naharnet, November 22, 2015、NNA, November 22, 2015、Reuters, November 22, 2015、SANA, November 22, 2015、UPI, November 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク