アレッポ・ファトフ軍作戦司令室がアレッポ市北部のシリア軍拠点を攻撃(2015年11月23日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が、アイス村、ハーディル村などアレッポ市南部郊外一帯でシリア軍、国防隊と激しく交戦した。

またロシア軍と思われる戦闘機がズィルバ村一帯、フライターン市を空爆した。

さらにアレッポ市では、ジハード主義武装集団がスライマーン・ハラビー地区のシリア軍拠点を砲撃する一方、シリア軍がバーシュカウィー村、ドゥワイル・ザイトゥーン村一帯を「樽爆弾」で空爆した。

これに関して、ARA News(11月23日付)は、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が、アレッポ市北部のシャイフ・ナッジャール市(工業団地地区)とバーシュカウィー村一帯のシリア軍拠点を攻撃し、シリア軍の拠点複数カ所を制圧したと伝えた。

一方、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がハーン・トゥーマーン村、マアッラータ村、アーミリーヤ村、カラム・アズィーザ村、バーシュカウィー村一帯、ドゥワイル・ザイトゥーン村、マンスーラ村、アレッポ市シャイフ・ルトフィー地区、ブスターン・カスル地区、カラム・ジャバル地区、ブスターン・バーシャー地区、シャイフ・ハドル地区、バニー・ザイド地区、ラーシディーン地区、サラーフッディーン地区で、シャームの民のヌスラ戦線、ムジャーヒディーン軍などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

他方、ARA News(11月23日付)は、反体制武装集団に近い消息筋の話として、アフリーン市郊外で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊と正体不明の武装集団が交戦したと伝えた。

しかし、人民防衛部隊はこれを否定した。

このほか、イドリブ県、アレッポ県で活動する「穏健な反体制派」の第101師団(自由シリア軍)の司令部は声明を出し、副司令官を務めるマアムーン・ウマル大佐が、公金を横領し、シリア政府に内通していたとし、副司令官職から解任したと発表した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊がマルジュ・スルターン航空基地一帯で、ジハード主義武装集団と交戦した。

シリア軍はまた、地対地ミサイルと思われる砲弾でザブディーン村を攻撃、さらにロシア軍と思われる戦闘機がドゥーマー市各所を空爆した。

さらにダーライヤー市一帯でも、シリア軍とジハード主義武装集団の戦闘が続いた。

一方、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がハラスター市郊外の農場地帯で、イスラーム軍などからなるジハード主義武装集団と交戦し、制圧地域を拡大した。

シリア軍はまた、バイト・サワー村、アーリヤ農場、ドゥーマー市で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がズワイク山、ドゥーリーン山、ザーヒー山、ナビー・ユーヌス峰一帯でジハード主義武装集団と交戦し、シリア軍が同地一帯を激しく砲撃した。

シリア軍はまたカバーナ村一帯に進軍、これに対してジハード主義武装集団はズワイク山で米国製TOW対戦車ミサイルを使用し、シリア軍に応戦した。

このほか、シリア軍がクルド山およびトルクメン山一帯を「樽爆弾」で空爆したほか、ロシア軍と思われる戦闘機が同地を空爆した。

一方、SANA(11月23日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、県北部の1154.5高地を制圧した

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、カフルズィーター市、ラターミナ町、マアルキバ村でシリア軍が「樽爆弾」を投下した。

また戦闘機(所属不明)がハーン・シャイフーン市南部郊外、マアッルバリート村、サルジャ村一帯、イドリブ市を空爆した。

一方、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がカフルズィーター市、アトシャーン村、ムーリク市、ラハーヤー村、マアルキバ村でイッザ旅団大隊連合、ジュンド・アクサー機構、ファトフ軍など反体制武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアトマーン村周辺の平原地帯を砲撃するとともに、カフルシャムス町近郊のタッル・アンタルを「樽爆弾」で空爆した。

**

ヒムス県では、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆した。

**

イドリブ県では、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がブナイン村、イドリブ市南部郊外でファトフ軍、ジュンド・アクサー機構の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

スワイダー県では、SANA(11月23日付)によると、シリア軍がダルアー市各所、ビータール農場、ガズラーン農場、タファス市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 23, 2015、AP, November 23, 2015、ARA News, November 23, 2015、Champress, November 23, 2015、al-Hayat, November 24, 2015、Iraqi News, November 23, 2015、Kull-na Shuraka’, November 23, 2015、al-Mada Press, November 23, 2015、Naharnet, November 23, 2015、NNA, November 23, 2015、Reuters, November 23, 2015、SANA, November 23, 2015、UPI, November 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク