サウジアラビアのジュバイル外相は「アサドには二つの選択肢しかない。平和的に去るか、軍事行動で排除されるかだ」と述べ、シリアへの軍事介入を改めて示唆(2015年11月26日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、リヤドでのオーストリア外務大臣との会談後の記者会見で、シリア情勢に触れ、「軍事的選択肢はまだ残されている」と発言した。

ジュバイル外務大臣は以下の通り述べた:

「軍事的選択肢はまだ残されている。王国(サウジアラビア)によるシリアの反体制派支援は続けられるだろう。バッシャール・アサドには二つの選択肢しかない。平和的に去るか、軍事行動で排除されるかだ…。(ロシアなどとの)意見の相違は彼が去るタイミングをどのように競っているかという点にある」。

ジュバイル外務大臣はまた、12月にリヤドで予定されているシリアの反体制派の会合に関して「ウィーンで和平協議を行う前に反体制派を統合したい」と述べた。

AFP, November 26, 2015、AP, November 26, 2015、ARA News, November 26, 2015、Champress, November 26, 2015、al-Hayat, November 27, 2015、Iraqi News, November 26, 2015、Kull-na Shuraka’, November 26, 2015、al-Mada Press, November 26, 2015、Naharnet, November 26, 2015、NNA, November 26, 2015、Reuters, November 26, 2015、SANA, November 26, 2015、UPI, November 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク