シリア民主軍はラッカ県で、シリア軍はアレッポ県東部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦(2016年1月4日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がアイン・イーサー市郊外でダーイシュ(イスラーム国)と激しく交戦した。

同監視団によると、12月30日に激化した戦闘で3日までにダーイシュ戦闘員17人、シリア民主軍戦闘員21人(うち人民防衛部隊隊員は9人)が死亡した。

またダーイシュ戦闘員の死者のうち3人は「カリフ制の幼獣」と称される少年戦闘員だったという。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市一帯、アルカミーヤ村、マーリキーヤ村などアレッポ市北東部一帯を空爆した。

またシリア軍との戦闘が続くナッジャーラ村では、ダーイシュによると思われる自爆攻撃により、大きな爆発が発生、シリア軍兵士らが死亡したという。

一方、SANA(1月4日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部郊外でダーイシュ(イスラーム国)の侵攻に対峙、これを撃破したほか、ティジャーラ村一帯でダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、ARA News(1月4日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍は、アイン・アラブ市郊外でダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末、複数の村・農場を制圧した。

**

ヒムス県では、SANA(1月4日付)によると、シリア軍がスード丘、カルヤタイン市、ワーディー・ザカーラ入り口、ヒヤール山北西部一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, January 4, 2016、AP, January 4, 2016、ARA News, January 4, 2016、Champress, January 4, 2016、al-Hayat, January 5, 2016、Iraqi News, January 4, 2016、Kull-na Shuraka’, January 4, 2016、al-Mada Press, January 4, 2016、Naharnet, January 4, 2016、NNA, January 4, 2016、Reuters, January 4, 2016、SANA, January 4, 2016、UPI, January 4, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク