ロシア軍は2016年最初の10日間で311回の出撃を行い1,097カ所を空爆(2016年1月10日)

ロシア国防省は11日、2016年の最初の10日間(1月1日~10日)でロシア軍戦闘機が311回の出撃を行い、アレッポ県、イドリブ県、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、ハサカ県、ダルアー県、ラッカ県内の1,097カ所を空爆した、と発表した。

空爆は、ダーイシュ(イスラーム国)のインフラ、石油生産施設、戦闘員・武器装備拠点を標的とし、シリア軍の進軍を後援、またダーイシュと戦う「愛国的な武装部隊」(反体制武装集団のこと)に対して直接支援を行った。

なお、2015年12月の1ヶ月間で、反体制武装集団は134の都市・町・村・農村から退去、2016年1月1~10日には19カ所から退去したという。

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

mil.ru, January 11, 2016

AFP, January 11, 2016、AP, January 11, 2016、ARA News, January 11, 2016、Champress, January 11, 2016、al-Hayat, January 12, 2016、Iraqi News, January 11, 2016、Kull-na Shuraka’, January 11, 2016、al-Mada Press, January 11, 2016、Naharnet, January 11, 2016、NNA, January 11, 2016、Reuters, January 11, 2016、SANA, January 11, 2016、UPI, January 11, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク