ロシア軍と思われる戦闘機がアレッポ県アンジャーラ村の学校を空爆し、子供12人、女性教師1人を含む15人が死亡(2016年1月11日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がアンジャーラ村の学校を空爆し、子供12人、女性教師1人を含む15人が死亡した。

この空爆に関して、ARA News(1月11日付)はシリア軍の空爆と伝えた。

一方、SANA(1月11日付)によると、シリア軍がアレッポ市西部に位置するハーン・アサル村一帯の制圧に向け、同地周辺の複数カ所で大規模作戦を開始し、ザイトゥーン高地、ハズマル丘を制圧した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がサルマー町一帯で進軍を続けるなか、トルクメン山、クルド山一帯を砲撃した。

一方、SANA(1月11日付)によると、シリア軍は人民防衛諸集団とともに、ルワイサト・カルア村、ハーッラ山丘陵地帯(第423地点、第415.6地点、第387地点)、ファーリス山(第413地点)、ダイル・ハンナー村を制圧した。

**

イドリブ県では、SANA(1月11日付)によると、シリア軍がカフルルーマー村、アウラム・ジャウズ村、ルンマーン丘(サラーキブ市南部)でジュンド・アクサー機構、ファトフ軍などと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(1月11日付)によると、シリア軍がアトシャーン村、ザカート村で、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(1月11日付)によると、シリア軍がダルアー市旧市街各所、避難民キャンプ地区、ハムリーン村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(1月12日付)によると、ヤルムーク区のマガーリバ通りで爆弾が爆発し、近くをオートバイで走行中のシャームの民のヌスラ戦線メンバー2人が死亡した。

AFP, January 11, 2016、AP, January 11, 2016、ARA News, January 11, 2016、Champress, January 11, 2016、al-Hayat, January 12, 2016、Iraqi News, January 11, 2016、Kull-na Shuraka’, January 11, 2016、January 12, 2016、al-Mada Press, January 11, 2016、Naharnet, January 11, 2016、NNA, January 11, 2016、Reuters, January 11, 2016、SANA, January 11, 2016、UPI, January 11, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク