ロシアのプーチン大統領「アサド大統領はシリア国外に去る必要はないだろう」(2016年1月12日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は独紙『ディ・ヴェルト』(1月12日付)のインタビューに応じ、シリア国民が自らの将来を民主的に決することができれば、アサド大統領がシリア国外に去る必要はないだろうと述べた。

プーチン大統領は、ロシアがアサド大統領の身柄を受け入れるとの問いに対して「この問題を検討するのは時期尚早だと思う」としたうえで、「我々はスノーデン氏の亡命を受け入れたが、それは、アサド氏の亡命を受け入れることを想定することよりも困難だった」と述べた。

プーチン大統領はまた「何よりもまず、シリア国民に自分たちで自分たちの行く末を決める機会を与えなければならない」と付言、「もし民主的にそれが実現すれば、彼が大統領であったとしても、そうでなかったとしても、どこかに行くことを余儀なくされることもないだろう」と述べた。

プーチン大統領はさらに、シリア国内での武力紛争の激化に関しては「危機が始まった当初から、外国が大量の資金、武器、戦闘員を投入していなかったら、急速にエスカレートすることはなかったはずだ」と述べた。

そのうえで「アサド氏は国民を抹殺しようとはしていない。武器を持つ者と戦っているだけだ…。民間人がそのために苦しんでいるのなら、責任があるのは、基本的には武器をもって戦っている者、そして武装集団を支援している者たちだ」と強調した。

一方、ダーイシュ(イスラーム国)と戦う反体制派については、プーチン大統領は「我々は、ダーイシュと戦う戦闘員数百人、数千人と話をしている…。我々は、アサド氏の軍、反体制武装組織を同等に支援している。彼らの一部はそのことを公言しているが、沈黙を選んでいる者もいる」と主張した。

Die Welt, January 12, 2016をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク