ダーイシュ(イスラーム国)の「アミール・セックス」がシリア政府との停戦合意に従い、ダマスカス県南部からラッカ市に退去(2016年1月27日)

ダマスカス県では、ARA News(1月27日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)とシリア政府の停戦合意に沿って、「ダマスカス州」のダーイシュを指導する司令官(アミール)のアブー・サイヤーフ・ファッラーマ氏が戦闘員およびその家族合わせて数十人とともにラッカ市に向けて退去した。

なお、2014年7月2日にイスラーム軍がダマスカス県南部のファッラーマ氏の拠点とされる施設を襲撃した際、アルコール飲料、「わいせつ」なビデオ、タバコを押収したことから(https://youtu.be/yAY6nAciyAo)、ファッラーマ氏は「アミール・セックス」の異名で知られていた。

Youtube, January 27, 2016

Youtube, January 27, 2016

Youtube, January 27, 2016

Youtube, January 27, 2016

 

AFP, January 27, 2016、AP, January 27, 2016、ARA News, January 27, 2016、Champress, January 27, 2016、al-Hayat, January 28, 2016、Iraqi News, January 27, 2016、Kull-na Shuraka’, January 27, 2016、al-Mada Press, January 27, 2016、Naharnet, January 27, 2016、NNA, January 27, 2016、Reuters, January 27, 2016、SANA, January 27, 2016、UPI, January 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク