シリア軍がヌスラ戦線との交戦の末にアレッポ市北部のドゥワイル・ザイトゥーン村、タッル・ジャビーン村を制圧する一方、反体制武装集団はダマスカス郊外県ダーライヤー市・ムウダミーヤト・シャーム市間で反転攻勢(2016年2月1日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市北部のドゥワイル・ザイトゥーン村一帯でシリア軍、国防隊、外国人戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線、アンサール・ディーン戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦、シリア軍が同地一帯の大部分を制圧した。

またこの戦闘と合わせて、戦闘機(所属明示せず)が同地一帯およびフライターン市、アンダーン市、ラトヤーン村、バーシュカウィー村、アレッポ市カースティールー地区などを40回以上にわたり空爆した。

一方、SANA(2月1日付)によると、シリア軍が、アレッポ市北部のドゥワイル・ザイトゥーン村、タッル・ジャビーン村をシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦の末に制圧、治安と安定を回復した。

シリア軍はまた、バヤーヌーン町、フライターン市一帯、アレッポ市シャイフ・ルトフィー地区、ラーシディーン地区でヌスラ戦線の拠点を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍およびロシア軍戦闘機がハーン・シャイフ・キャンプ一帯、ダイルハビーヤ村を空爆、またシリア軍がダーライヤー市一帯を砲撃した。

また、ドゥラル・シャーミーヤ(2月1日付)によると、反体制武装集団はダーライヤー市とムウダミーヤト・シャーム市を結ぶダーライヤー市西部一帯などでシリア軍と交戦し、複数の建物群を奪還した。

さらに、クッルナー・シュラカー(2月1日付)によると、シリア軍とヒズブッラー戦闘員がマダーヤー町とともに包囲下に置いているブカイン市を砲撃し、迫撃砲複数発が小学校に着弾し、子供7人が負傷した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がロシア軍士官の指揮のもと、クルド山、トルクメン山一帯で、海岸第2師団、シャーム自由人イスラーム運動、アンサール・シャーム、第2沿岸師団などのジハード主義武装集団との戦闘を続けた。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がウンム・シャルシューフ村、ガルナータ村を7回にわたり空爆した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がハルブナフサ村一帯を20回にわたり空爆した。

一方、SANA(2月1日付)によると、シリア軍がサルマーニーヤ村でファトフ軍の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 1, 2016、AP, February 1, 2016、ARA News, February 1, 2016、Champress, February 1, 2016、al-Durar al-Shamiya, February 1, 2016、al-Hayat, February 2, 2016、Iraqi News, February 1, 2016、Kull-na Shuraka’, February 1, 2016、al-Mada Press, February 1, 2016、Naharnet, February 1, 2016、NNA, February 1, 2016、Reuters, February 1, 2016、SANA, February 1, 2016、UPI, February 1, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク