シリア軍がアル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の連合との戦闘の末、アレッポ市北部のヌッブル市、ザフラー町の包囲を3年ぶりに解除(2016年2月3日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、シリア人、アラブ系・アジア系の民兵の支援を受け、マアルサト・ハーン村、ラトヤーン村、ハルダトニン村一帯からヌッブル市、ザフラー町方面に進軍し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦する一方、ヌッブル市、ザフラー町で籠城を続ける人民防衛諸集団も、マアルサト・ハーン村、ラトヤーン村、ハルダトニン村方面に進軍、反体制武装集団と交戦した。

シリア軍はまた、同地一帯に対して激しい空爆、砲撃を加え、ヌスラ戦線の司令官2人、ヌールッディーン・ザンキー運動の司令官2人らを殺害した。

同監視団によると、ヌッブル市、ザフラー町を守備する人民防衛隊と、アレッポ市北部から西進するシリア軍の間の距離は1キロ弱にまで狭まっているという。

一方、SANA(2月3日付)によると、シリア軍は人民防衛諸集団とともに、アレッポ市北部からヌッブル市、ザフラー町に向けて西進、ドゥワイル・ザイトゥーン村、タッル・ジャビーン村、ハルダトニーン村から同地にいたる地域からシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を掃討、3年以上にわたる同地の包囲を解除することに成功した。

シリア軍はまた、ヌッブル市、ザフラー町の北に位置する反体制武装集団の拠点の一つマーイル町とトルコ国境を結ぶ兵站路を完全に遮断した。

さらにシリア軍は、アレッポ市北部のウワイナート村を制圧、同地の治安と安定を回復したのか、マアルサト・ハーン村一帯、ワーヒダ村(バヤーヌーン町近郊)一帯でヌスラ戦線と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(2月4日付)によると、ナスル軍がハーン・トゥーマーン村に隣接するハーリディーヤ村を制圧した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がガルナータ村、ウンム・シャルシューフ村、ブルジュ・カーイー村を空爆、またキースィーン村一帯ではシリア軍が反体制武装集団と交戦し、武装集団メンバー1人が死亡した。

シリア軍はまた県北部一帯で、ヘリコプターからビラを散布し、同地からの外国人戦闘員の退去と地元武装集団の投降を呼びかけるとともに、地元武装集団メンバーへの免罪を約束した。

一方、SANA(2月3日付)によると、シリア軍がキースィーン村、ウンム・シャルシューフ村、タルビーサ市、ラスタン市、ブルジュ・カーイー村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、リヤド最高交渉委員会に参加するイスラーム軍の広報局は声明を出し、東グータ地方のマルジュ・スルターン村郊外の国際幹線道路(ダマスカス・ヒムス街道)でシリア軍部隊を特攻戦闘員(インギマースィー)で要撃し、兵士14人を殺害したと発表した。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(2月3日付)によると、シリア軍がロシア軍の航空支援を受け、ダルアー市北部に位置する反体制武装集団の拠点の一つアトマーン村への総攻撃を開始した。

一方、SANA(2月3日付)によると、シリア軍がウンム・ワラド村、シャイフ・フサイン丘、ハリーフ丘、ヤードゥーダ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(2月3日付)によると、シリア軍がカフルズィーター市、マアルカバ村、ラターミナ町でアジュナード・シャーム・イスラーム連合などファトフ軍の拠点を攻撃し、戦闘員10人以上を殲滅した。

シリア軍はまた、ジャークースィーヤ村、ムサイリファ村、ミンタール村、トゥータフ村、タラフ村、ムーリク市、ラトミーン村、ラターミナ町を空爆し、ヌスラ戦線戦闘員40人余りを殲滅した。

**

イドリブ県では、SANA(2月3日付)によると、シリア軍がアブー・ズフール町、タッル・トゥカーン村、タマーニア町でシャームの民のヌスラ戦線などファトフ軍の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 3, 2016、AP, February 3, 2016、ARA News, February 3, 2016、Champress, February 3, 2016、al-Hayat, February 4, 2016、Iraqi News, February 3, 2016、Kull-na Shuraka’, February 3, 2016、February 4, 2016、al-Mada Press, February 3, 2016、Naharnet, February 3, 2016、NNA, February 3, 2016、Reuters, February 3, 2016、SANA, February 3, 2016、UPI, February 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク