ダーイシュ(イスラーム国)の砲撃でロシア軍顧問1人が死亡(2016年2月4日)

ロシアのタブロイド紙『ノーヴァヤ・ガゼータ』(2月4日付)は、2月1日にヒムス県内の教練キャンプに迫撃砲弾が着弾し、ロシア軍顧問1人が重傷を負い、搬送先のシリア国内の病院で死亡したと伝えた。

ロシア防衛省のイゴール・コナシェンコフ報道官は同紙に対して、攻撃はダーイシュ(イスラーム国)によるもので、シリア人教練生4人も死亡したという。

Novaya Gazeta, February 4, 2016、Reuters, February 4, 2016をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク