ダイル・ザウル市一帯などでシリア軍とダーイシュの戦闘続く(2016年6月30日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダイル・ザウル市のシリア政府支配地域に食料物資を投下、また戦闘機(所属明示せず)がダイル・ザウル市工業地区、ジャバリーヤ地区を空爆した。

一方、SANA(6月30日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市ハミーディーヤ地区、ハウィーカ地区、ヒサーラート地区、サルダ山一帯、ブガイリーヤ村でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

**

スワイダー県では、SANA(6月30日付)によると、イラク国境に近いアブー・シャルシューフ通行所とビイル・ラスィーイー地区を結ぶ街道でシリア軍がダーイシュ(イスラーム国)車列を攻撃した。

**

ヒムス県では、ダーイシュ(イスラーム国)の広報部門アアマーク通信によると、ダーイシュはタドムル市近郊のシリア軍検問所に対して自爆攻撃などを行い、検問所7カ所を制圧した。

一方、SANA(6月30日付)によると、シリア軍がタドムル市東方の第3石油輸送ステーション(T3)一帯、フワイスィース村一帯、ジャバーブ・ハマド村一帯のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

AFP, June 30, 2016、AP, June 30, 2016、ARA News, June 30, 2016、Champress, June 30, 2016、al-Hayat, July 1, 2016、Iraqi News, June 30, 2016、Kull-na Shuraka’, June 30, 2016、al-Mada Press, June 30, 2016、Naharnet, June 30, 2016、NNA, June 30, 2016、Reuters, June 30, 2016、SANA, June 30, 2016、UPI, June 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク