アレッポ市東部など反体制派支配地域で「プーチンは戦争犯罪者」と銘打った抗議デモを、ハサカ市で政権支持者が共生を訴えるデモを実施(2016年9月30日)

アレッポ県では、ARA News(9月30日付)によると、シリア軍の包囲を受けるアレッポ市東部や同市郊外の複数カ所で金曜日の集団礼拝後、抗議デモが組織され、ロシア軍の空爆を非難した。

デモが行われたのはマシュハド地区、スッカリー地区、シャッアール地区、インザーラート地区、ダーラ・イッザ市、アアザーズ市などで、デモは「プーチンは戦争犯罪者」と銘打たれて実施された。

Kull-na Shuraka', September 30, 2016

Kull-na Shuraka’, September 30, 2016

**

ハサカ県では、SANA(9月30日付)によると、マワッダ慈善協会およびシリアヤマーマ協会がハサカ市中心街で共生を訴えるデモ行進を行った。

SANA, September 30, 2016

SANA, September 30, 2016

 

AFP, September 30, 2016、AP, September 30, 2016、ARA News, September 30, 2016、Champress, September 30, 2016、al-Hayat, October 1, 2016、Iraqi News, September 30, 2016、Kull-na Shuraka’, September 30, 2016、al-Mada Press, September 30, 2016、Naharnet, September 30, 2016、NNA, September 30, 2016、Reuters, September 30, 2016、SANA, September 30, 2016、UPI, September 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク