フランスのエロー外相、ロシア・シリア両軍の「戦争犯罪」の国際刑事裁判所への提訴をめざす(2016年10月10日)

フランスのジャン=マルク・エロー外務大臣はラジオ・フランス(10月10日付)に対して、ロシア・シリア両軍のアレッポ市東部への空爆を「戦争犯罪」と非難し、国際刑事裁判所への提訴に向けた方途を探ると述べた。

AFP, October 10, 2016、AP, October 10, 2016、ARA News, October 10, 2016、Champress, October 10, 2016、France Inter, October 10, 2016、al-Hayat, October 11, 2016、Iraqi News, October 10, 2016、Kull-na Shuraka’, October 10, 2016、al-Mada Press, October 10, 2016、Naharnet, October 10, 2016、NNA, October 10, 2016、Reuters, October 10, 2016、SANA, October 10, 2016、UPI, October 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク