ロシアのプーチン大統領がトルコのエルドアン大統領と直接会談し、「ユーフラテスの盾」作戦などをめぐって意見を交わす(2016年10月10日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、トルコで開催予定の世界エネルギー会議に出席するためにイスタンブールを訪問、同地でレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談した。

『ハヤート』(10月11日付)などによると、会談で両首脳は、トルコ軍によるアレッポ県北部への進攻(「ユーフラテスの盾」作戦)やトルコ政府による同地での安全保障地帯の設置提案などについて集中的に意見を交わしたという。

会談には、トルコ軍のフルスィ・アカル参謀総長も同席した。

両首脳はまた、トゥルク・ストリーム天然ガス・パイプライン計画などについても意見を交わした。

AFP, October 10, 2016、AP, October 10, 2016、ARA News, October 10, 2016、Champress, October 10, 2016、al-Hayat, October 11, 2016、Iraqi News, October 10, 2016、Kull-na Shuraka’, October 10, 2016、al-Mada Press, October 10, 2016、Naharnet, October 10, 2016、NNA, October 10, 2016、Reuters, October 10, 2016、SANA, October 10, 2016、UPI, October 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク