2011年2月28日のシリア情勢

「社会問題労働省が就労していない母親に約5,000シリア・ポンド(約46米ドル)の補償金が贈答品を支給する」、「補償金を受給するには、非就労者であることを証明する文書の発行を受けなければならない」、「証明書はダマスカス中心部ヒジャーズ地区にある郵便公社ビル前で発効される」という情報(噂)を聞きつけて集まった女性たち数百人が、ダマスカス県ヒジャーズ駅前の中央郵便局(郵便公社ビル)に非就業者であることを証明する文書を取得するため大挙、噂であることを知るや数時間にわたって抗議行動を行い、サイード・ムハンマド・サンムール内務大臣自らが現場を訪れ、説得し解散させる。

(『ハヤート』(3月2日付)はこの事件が3月1日に発生したと報道している。)

Kull-nā Shurakā’ March 1, 2011

Kull-nā Shurakā’ March 1, 2011

Kull-nā Shurakā’ March 1, 2011

Kull-nā Shurakā’ March 1, 2011

Akhbār al-Sharq, February 28, 2011、al-Ḥayāt, March 2, 2011、Kull-nā Shurakā’ March 1, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク