シリア軍がヒズブッラー、イランの支援を受け、ダマスカス郊外県、ダルアー県、クナイトラ県を結ぶ要衝を制圧(2015年2月11日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、ダイル・アダス村、ダナージー農場、ダイル・マーキル町などダマスカス郊外県、クナイトラ県、ダルアー県各所で大規模な軍事作戦を実行し、シャームの民のヌスラ戦線戦闘員多数を殲滅、同地に加えて、タッル・マスィーフ、タッル・マルイー、タッル・アルース、タッル・サルジャを制圧し、3県を結ぶ回廊一帯の安全を確保した、と発表した。

SANA(2月11日付)が伝えた。

SANA, February 11, 2015

SANA, February 11, 2015

**

なおシリア・アラブ・テレビ(2月11日付)は、前線司令官の話として、「シリア軍がヒズブッラーおよびイランといったレジスタンス枢軸の支援のもとに開始した軍事作戦は、アサド大統領の指揮のもと継続中である」と伝えた。

シリア公式筋が、ヒズブッラー戦闘員やイランの支援について言及するのは、『ハヤート』(2月12日付)によると、これが初めてだという。

al-Hayat, February 12, 2015、SANA, February 11, 2015をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク