シリア軍が各県の「住民」に投降を呼びかける(2015年2月11日)

シリア軍戦闘機は、クナイトラ県、ダルアー県、ダマスカス郊外県の各県郊外一帯の「住民」に対して、「遅きに失する」前に投降するよう呼びかけるビラを散布した。

またシリア軍「テロ撲滅課特殊作戦部隊」は、Gmailやスカイプを通じてメッセージを発し、ヒムス県、ハマー県、イドリブ県、ダルアー県、アレッポ県などで活動する「住民」に対して、居住地から退去し、武器を引き渡し、投降するよう呼びかけた。

ビラやメッセージでは、Gmailのsyriaterroriste@gmail.comやスカイプのアカウントSyria.terroristeに連絡をとり、投降するよう呼びかけられている。

Kull-na Shuraka', February 11, 2015

Kull-na Shuraka’, February 11, 2015

Kull-na Shuraka', February 11, 2015

Kull-na Shuraka’, February 11, 2015

Kull-na Shuraka’, February 11, 2015をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク