ハサカ市郊外でシリア軍、有志連合がダーイシュ(イスラーム国)への攻撃を続ける;アイン・アラブ一帯ではYPGが支配地域を拡大(2015年2月12日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市南部のバーブ・ハイル村および同市東部郊外で、シリア軍、国防隊がダーイシュと交戦した。

これに関して、ARA News(2月12日付)は、シリア軍、国防隊が12日深夜からハサカ市南部郊外一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の村を制圧したと伝えた。

一方、SANA(2月12日付)によると、ハサカ市東部郊外で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

また、シリア人権監視団によると、米国など有志連合がシャッダーディー市近郊のダーイシュ(イスラーム国)拠点などを空爆した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊が、北の太陽大隊、ラッカ革命家旅団の支援を受け、アイン・アラブ市郊外でのダーイシュ(イスラーム国)掃討を進め、同市25キロから40キロ一帯、300カ村中156カ村を制圧した。

しかし、アイン・アラブ市南東部にダーイシュが敷設した地雷に触れた住民6人が死亡した。

一方、民主連合党共同党首のアースィヤー・アブドゥッラー死は、ウィラーティー・ネット(2月12日付)に対し、アイン・アラブ市でのダーイシュとの攻防戦で死亡した民主連合党戦闘員の数が408人にのぼり、また民間人1,500人が負傷したことを明らかにした。

他方、ARA News(2月12日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)はマンビジュ市で住民4人を公開処刑した。

4人は「自由シリア軍」に加わっていたという。

また、『ハヤート』(2月13日付)によると、ユーフラテスの獅子運動を名のる組織が、「(アレッポ市)東部農村地帯においてダーイシュ(イスラーム国)が制圧した地域奪還のため、すべての部隊に対して総動員令を発する」と発表、ジャラーブルス市、シュユーフ・タフターニー町、カラ・カーザーク村、カラ・カーザーク橋への攻撃を呼びかけた。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(2月13日付)によると、バドル軍団広報局が、東グータ地方でダーイシュ(イスラーム国)の司令官(アミール)ムハンマド・トゥーニスィー氏の殺害に成功したと発表した。

**

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(2月13日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、支配地域の行政機関などで働くシリア人の給与を引き上げる決定を下した。

**

ハマー県では、クッルナー・シュラカー(2月12日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員がアブー・アラージュ村西部に潜入し、シリア軍部隊を要撃、士官1人を含む兵士複数を殺害、拘束した。

**

アレッポ県では、ARA News(2月13日付)によると、アイン・アラブ市郊外のダルバーズィーン村などへの有志連合の空爆で、ダーイシュ戦闘員7人が死亡した。

AFP, February 12, 2015、AP, February 12, 2015、ARA News, February 12, 2015。February 13, 2015、Champress, February 12, 2015、al-Hayat, February 13, 2015、Iraqi News, February 12, 2015、Kull-na Shuraka’, February 12, 2015、al-Mada Press, February 12, 2015、Naharnet, February 12, 2015、NNA, February 12, 2015、Reuters, February 12, 2015、SANA, February 12, 2015、Shabaka Wilati, February 11, 2015、UPI, February 12, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク