ハサカ市南部でダーイシュ(イスラーム国)と戦うシリア軍との共闘を求めるクルド人部族代表らがYPGと行っていた協議が決裂(2015年6月5日)

クッルナー・シュラカー(6月7日付)は、ハサカ市南部郊外に侵攻するダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続けるシリア軍への協力の是非をめぐり、同地のクルド人部族、アラブ人部族、キリスト教徒の代表が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と協議したが、物別れに終わったと伝えた。

それによると、クルド人部族代表らは、人民防衛隊に対して、シリア軍と協力することを要請したが、人民防衛隊は「我々は有志連合と連携している。我々には我々の戦い、戦線があり、シリア軍にもシリア軍の戦い、戦線がある。すべての当事者が自分の戦いを行うべきだ」と回答、これを拒否したという。

Kull-na Shuraka’, June 7, 2015をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク