ヒムス県中部ジャズル油田一帯でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)の攻防続く(2015年9月15日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘で、ジャズル油田の守備を指揮するシリア軍司令官の一人が戦死した。

クッルナー・シュラカー(9月15日付)によると、ダーイシュとの戦闘で戦死した司令官はムスタファー・アッルーシュ氏。

アッルーシュ氏(タルトゥース県サーフィーター市郊外出身)は、ハマー県北部での戦闘を指揮するスハイル・ハサン大佐の部隊の司令官で、国防隊を率いてダーイシュとの戦闘に参加していたという。

一方、SANA(9月15日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ジャズル村およびズィイブ丘を含む同村一帯の丘陵地帯を完全制圧し、ジャズル・ガス採掘所を含む一帯を奪還した。

シリア軍はまた、タドムル市西部の三角地帯でダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)の包囲を受けるクワイリス航空基地一帯、タッル・リーマーン村、サーリヒーヤ村をシリア軍が空爆した。

一方、SANA(9月15日付)によると、サフィーラ市郊外のカラースィー村、アーミリーヤ村、クサイル村、ジャッブール村、バッラート村、フワイジーナ村、キバーラト・ワルド村、リヤーン村、サーリヒーヤ村、ナアーム丘一帯、スバイハ村、タッル・ファーウール村、アレッポ市東部の航空士官学校一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

クッルナー・シュラカー(9月15日付)などによると、サフィーラ市東部へのシリア軍の侵攻は、クワイリス航空基地に対するダーイシュの包囲解除が目的だという。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、アサーリー地区一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団が交戦した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がヒサーン村で男性5人を「アレッポとトルコの覚醒評議会(反体制武装集団)に内通」していたとの罪で処刑した。

**

スワイダー県では、SANA(9月15日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、サアド村一帯、ザルファア丘、アシュヒーブ丘、ハルハラ村一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、9月15日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は3回におよび、ブーカマール市近郊(2回)、マーリア市近郊(1回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, September 15, 2015、AP, September 15, 2015、ARA News, September 15, 2015、Champress, September 15, 2015、al-Hayat, September 16, 2015、Iraqi News, September 15, 2015、Kull-na Shuraka’, September 15, 2015、al-Mada Press, September 15, 2015、Naharnet, September 15, 2015、NNA, September 15, 2015、Reuters, September 15, 2015、SANA, September 15, 2015、UPI, September 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク