アレッポ市マイダーン地区、サイイド・アリー地区を反体制武装集団が砲撃し、住民14人が死亡、33人が負傷、またダマスカス県のロシア大使館一帯を砲撃(2015年9月20日)

アレッポ県では、SANA(9月20日付)によると、アレッポ市マイダーン地区、サイイド・アリー地区に、「テロリスト」が撃った迫撃砲弾複数発が着弾し、住民14人が死亡、33人が負傷した。

アレッポ県警察によると、マイダーン地区に対する砲撃はバニー・ザイド地区から、サイイド・アリー地区に対する砲撃はバーブ・ハディード地区から行われたという。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍は、アレッポ市ハーリディーヤ地区、カフルナーン村のジハード主義武装集団に対して砲撃を加えた。

**

ダマスカス県では、『ハヤート』(9月22日付)によると、マズアラ地区のロシア大使館を狙ったと思われる迫撃砲弾複数発が着弾した。

ロシア外務省によると、迫撃砲弾は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が支配下に置くジャウバル地区から発射されたという。

ロシア外務省は声明で「我々は、ダマスカスのロシアの外交使節に対する犯罪的な砲撃を非難する。我々は、国際社会のすべての成員に、こうしたテロに対して明確な姿勢を取るよう期待する」と発表した。

この迫撃砲攻撃に関して、『ハヤート』(9月22日付)は、シリア政府への軍事・技術支援強化を行ったロシアに対する反体制派からの「メッセージ」だと伝えた。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がズィヤーラ町、マンスーラ村、ハミーディーヤ村を8回にわたり空爆、またハムル丘一帯を「樽爆弾」で攻撃した。

一方、SANA(9月20日付)によると、フナイフィス村一帯をシリア軍が空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が東グータ地方のマルジュ地区を4回空爆、またダーライヤー市を「樽爆弾」23発を投下するなどして、空爆した。

シリア軍はまたアルバイン市を空爆し、4人が死亡、ハラスター市も空爆を受けた。

一方、SANA(9月20日付)によると、シリア軍がイスラーム軍との交戦の末、ハラスター市を通る国際幹線道路を見下ろすことができるアブー・ザイド丘北部(カサーラート村)を制圧した。

**

ダルアー県では、SANA(9月20日付)によると、ヌアイマ村、ズィムリーン村東部、サムリーン村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(9月20日付)によると、マスハラ丘で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(9月20日付)によると、ヒムス市ザフラー地区でシリア軍兵士が運転する車に仕掛けられた爆弾が爆発し、乗っていた兵士1人が死亡、3人が負傷した。

一方、SANA(9月20日付)によると、タルビーサ市、スルターニーヤ村周辺、ファルハーニーヤ村、ウンム・シャルシューフ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 20, 2015、AP, September 20, 2015、ARA News, September 20, 2015、Champress, September 20, 2015、al-Hayat, September 21, 2015、September 22, 2015、Iraqi News, September 20, 2015、Kull-na Shuraka’, September 20, 2015、al-Mada Press, September 20, 2015、Naharnet, September 20, 2015、NNA, September 20, 2015、Reuters, September 20, 2015、SANA, September 20, 2015、UPI, September 20, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク