シリア軍がダーイシュの中心拠点ラッカ市各所を、有志連合がアレッポ市北部のダーイシュの兵站路をそれぞれ爆撃(2015年9月21日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラッカ市内のナイーム地区、カーディスィーヤ交差点一帯などを6回にわたり空爆した。

一方、SANA(9月21日付)によると、シリア軍がラッカ市内各所のダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆した。

**

アレッポ県では、ARA News(9月21日付)によると、有志連合が県北部(「安全地帯」)のアフティームッラート村・タラーリーン村間のダーイシュ(イスラーム国)の兵站路を空爆した。

一方、SANA(9月21日付)によると、アレッポ市東部航空士官学校一帯、クワイリス航空基地近郊のラスム・アブド村、ダイル・ハーフィル市で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市労働者住宅地区(タフトゥーフ地区)で少年1人がダーイシュ(イスラーム国)メンバーと思われる狙撃手に撃たれ、死亡した。

またハリータ村では、シリア軍の空爆により男性1人が死亡、またムッラート村に対する空爆でも子供2人を含む5人が死亡した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ラアス・アイン市郊外に仕掛けられた爆弾2発が相次いで爆発し、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュ隊員1人を含む4人が死亡した。

また、ARA News(9月21日付)によると、有志連合がシャッダーディー市、マルカダ町のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

**

ヒムス県では、SANA(9月21日付)によると、アブー・タッラーハ村、ハダス村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、トゥワイナーン村、タドムル市、カルヤタイン市、カディーム村を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(9月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団が、アフガン服の着用を拒んだ男性を殺害した。

AFP, September 21, 2015、AP, September 21, 2015、ARA News, September 21, 2015、September 22, 2015、Champress, September 21, 2015、al-Hayat, September 22, 2015、Iraqi News, September 21, 2015、Kull-na Shuraka’, September 21, 2015、al-Mada Press, September 21, 2015、Naharnet, September 21, 2015、NNA, September 21, 2015、Reuters, September 21, 2015、SANA, September 21, 2015、UPI, September 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク