ダーイシュ(イスラーム国)はシリア政府と西クルディスタン移行期民政局が分割統治するハサカ県南部に再び進攻(2015年9月26日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(9月27日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がハサカ市南部のパノラマ交差点近郊に再び進攻し、シリア軍、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊の拠点に対して攻撃を加え、双方に複数の死傷者が出た。

戦闘発生を受け、有志連合が同地一帯上空で偵察活動を強化したが、空爆は行わなかったという。

また、ARA News(9月26日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がタッル・ブラーク町南部の西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊の拠点を襲撃した。

**

アレッポ県では、SANA(9月26日付)によると、アレッポ市東部の航空士官学校一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(9月26日付)によると、ウカイリバート町、アドラ村、トゥルール・ハムル村のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(9月26日付)によると、シリア軍がカルヤタイン市のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、9月26日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は3回で、ハサカ市近郊(1回)、アブー・カマール市近郊(1回)、マーリア市近郊(1回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, September 26, 2015、AP, September 26, 2015、ARA News, September 26, 2015、Champress, September 26, 2015、al-Hayat, September 27, 2015、Iraqi News, September 26, 2015、Kull-na Shuraka’, September 26, 2015、al-Mada Press, September 26, 2015、Naharnet, September 26, 2015、NNA, September 26, 2015、Reuters, September 26, 2015、SANA, September 26, 2015、UPI, September 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク