イスラエル軍が占領下ゴラン高原(シリア領)からクナイトラ県のシリア軍拠点を攻撃(2015年9月27日)

ナハールネット(9月27日付)などによると、クナイトラ県でのジハード主義武装集団との戦闘でシリア軍が発射したロケット砲弾1発が、イスラエル占領下のゴラン高原(シリア領)に着弾、イスラエル軍がただちにシリア軍拠点複数カ所に対して迫撃砲などで、報復攻撃を行った。

シリア人権監視団によると、イスラエル軍は、クナイトラ県の県庁所在地であるバアス市近郊のサーリヤ村一帯のシリア軍拠点に対し、3~4回にわたって報復攻撃を行った。

シリア軍の迫撃砲弾による死傷者はなく、またイスラエルの報復攻撃による被害は不明だという。

なお26日にもシリア軍のロケット弾がイスラエル占領下のゴラン高原に着弾していたという。

クナイトラ県では25日、イスラーム軍などの反体制武装集団が「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」と銘打ってシリア軍に対する攻勢を強め、戦闘が激化していた。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にあるハーン・アルナバ市をジハード主義武装集団が砲撃する一方、ムシャイリファ村各所をシリア軍が「樽爆弾」で空爆した。

一方、SANA(9月27日付)によると、ジャバーター・ハシャブ村一帯のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点に対してシリア軍が特殊作戦を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ハミーディーヤ村でも反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。


AFP, September 27, 2015、AP, September 27, 2015、ARA News, September 27, 2015、Champress, September 27, 2015、al-Hayat, September 28, 2015、Iraqi News, September 27, 2015、Kull-na Shuraka’, September 27, 2015、al-Mada Press, September 27, 2015、Naharnet, September 27, 2015、NNA, September 27, 2015、Reuters, September 27, 2015、SANA, September 27, 2015、UPI, September 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク