カタールのタミーム首長が国連総会で演説「独裁の時代を終わらせ、ダマスカスから過激派とテロを遠ざけるような政治的解決が必要」(2015年9月28日)

カタールのタミーム・ビン・ハマド・サーニー首長は28日、国連総会で一般討論演説を行った。

シリア情勢に関して、タミーム首長は以下のように述べた。

「シリア政府が行う卑劣な犯罪と蛮行が…この地域を脅かす過激主義の温床を創り出した」。

「シリア政府は、テロリズムという概念を利用し、平和的なデモをテロリズムと評す一方で、シリア政府は実質的なテロ行為を行ってきた」。

「独裁の時代を終わら、ダマスカスから過激派とテロを遠ざけるような政治的解決が必要だ」。

AFP, September 28, 2015、AP, September 28, 2015、ARA News, September 28, 2015、Champress, September 28, 2015、al-Hayat, September 28, 2015、Iraqi News, September 28, 2015、Kull-na Shuraka’, September 28, 2015、al-Mada Press, September 28, 2015、Naharnet, September 28, 2015、NNA, September 28, 2015、Reuters, September 28, 2015、SANA, September 28, 2015、UPI, September 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク