ロシア軍がイドリブ県、ヒムス県、ラッカ県でダーイシュなどの拠点への空爆を続ける(2015年10月4日)

ロシア空軍(国防省)のイゴール・カリモフ報道官は、シリア領内での空爆に関して、過去24時間で、ロシア軍のSu-34、Su-24M、Su-25がシリア国内の10カ所に対して20回の空爆を行い、ダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織のインフラを破壊したと発表した。

カリモフ報道官はまた、Su-34戦闘機がバンカー・バスターBETAB-500を投下し、ラッカ県の司令拠点複数カ所を破壊したことを明らかにした。

RT(10月4日付)などが伝えた。

**

イドリブ県では、SANA(10月4日付)によると、シリア軍の支援を受けたロシア軍が、ジスル・シュグール市、マアッラト・ヌウマーン市で、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対して空爆を実施した。

このうちジスル・シュグール市一帯に対する空爆では、教練キャンプ、避難所、爆弾・自爆ベルト製造教条、武器弾薬庫3棟、司令拠点4カ所が破壊されたという。

またマアッラト・ヌウマーン市一帯に対する空爆では、司令部複数カ所、倉庫、装備が破壊されたという。

これに関して、シリア人権監視団は、ロシア軍と思われる戦闘機が、ジスル・シュグール市郊外の国立病院一帯に対しても空爆を行ったと発表した。

なお、ジスル・シュグール市、マアッラト・ヌウマーン市一帯は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などからなるファトフ軍の支配地域で、ダーイシュの活動はほとんど見られない。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、ガルナータ村、ガジャル村、ウンム・シャルシューフ村など県北部を空爆し、子供2人を含む3人が死亡した。

**

ラッカ県では、SANA(10月4日付)によると、シリア軍の支援を受けたロシア軍が、ダーイシュ(イスラーム国)の主要拠点の一つタブカ市を3回にわたって空爆し、同市郊外の教練センター、武器弾薬庫を破壊した。

AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、RT, Octobner 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク