ロシア軍はイドリブ県、ヒムス県、ラタキア県でダーイシュ(イスラーム国)、ヌスラ戦線の拠点を空爆(2015年10月5日)

ロシア国防省のイゴール・コナシンコフ報道官は、過去24時間で、ロシア軍のSu-34、Su-24M、Su-25戦闘機が、イドリブ県、ヒムス県などの9カ所に対して25回にわたり空爆を実施したと発表した。

スプートニク通信(10月5日付)などが伝えた。

**

イドリブ県では、ロシア国防省によると、ロシア軍の空爆は6回に及び、イドリブ市郊外のテロリストの基地やT-55戦車などの戦車・装甲車車輌30輌以上、ジスル・シュグール市の迫撃砲発射拠点を破壊された。

また、SANA(10月5日付)によると、ロシア軍は、ジスル・シュグール市一帯を空爆し、教練キャンプ、Gradミサイル発射基地、武器弾薬庫、車輌30輌を破壊した。

**

ヒムス県では、ロシア外務省によると、ロシア軍は、ラスタン市郊外のダーイシュなどの拠点に対して9回にわたって空爆を実施した。

また、SANA(10月5日付)によると、ロシア軍戦闘機は、タルビーサ市でダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆を実施し、武器庫、連絡本部を破壊した。

しかし、タルビーサ市一帯は、ダーイシュではなく、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の支配地域で、ダーイシュの活動はほとんど確認されていない。

**

ラタキア県では、SANA(10月5日付)によると、ロシア軍は、バイト・ズィーファー村、ダッラ村、リーハーニーヤ村のテロ組織拠点を空爆し、司令本部、車輌・装備を破壊、複数の戦闘員を殺害した。


AFP, October 5, 2015、AP, October 5, 2015、ARA News, October 5, 2015、Champress, October 5, 2015、al-Hayat, October 6, 2015、Iraqi News, October 5, 2015、Kull-na Shuraka’, October 5, 2015、al-Mada Press, October 5, 2015、Naharnet, October 5, 2015、NNA, October 5, 2015、Reuters, October 5, 2015、SANA, October 5, 2015、Sputnik News, October 5, 2015、UPI, October 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク