ドゥーマー市(ダマスカス郊外県)へのシリア軍の爆撃を避けるため、イスラーム軍は捕捉したシリア軍将兵とその妻を「人間の盾」として利用(2015年11月1日)

SNN(11月1日付)は、シリア軍による空爆激化を受け、ドゥーマー市で抵抗を続ける「革命組織」が、捕捉したシリア軍将兵やその夫人を鉄格子に閉じ込め「人間の盾」として利用し、シリア軍による空爆停止を求めていると伝えた。

ARA News(11月1日付)によると、シリア軍将兵やその妻らを「人間の盾」として利用している「革命組織」はイスラーム軍。

Kull-na Shuraka', November 1, 2015

Kull-na Shuraka’, November 1, 2015

Kull-na Shuraka', November 1, 2015

Kull-na Shuraka’, November 1, 2015

Kull-na Shuraka', November 1, 2015

Kull-na Shuraka’, November 1, 2015

 

**

なお、シリア人権監視団によると、シリア軍はダマスカス郊外県ドゥーマー市を「樽爆弾」などで攻撃した。

AFP, November 1, 2015、AP, November 1, 2015、ARA News, November 1, 2015、Champress, November 1, 2015、al-Hayat, November 2, 2015、Iraqi News, November 1, 2015、Kull-na Shuraka’, November 1, 2015、al-Mada Press, November 1, 2015、Naharnet, November 1, 2015、NNA, November 1, 2015、Reuters, November 1, 2015、SANA, November 1, 2015、SNN, November 1, 2015、UPI, November 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク